ダウンロード > EFP-RC プロダクトCDデータ







更新履歴
Last update:2014/10/03
Product CD Ver.3.22

更新内容

・S/W更新
  RC-DownloaderをVer.3.00.00にバージョンアップしました。


Update history



Product CD フォルダ構成

EFP-RC Product CD内のフォルダ構成
フォルダ名 内 容
Manual English (PDF) EFP-RC取扱説明書および操作説明書 英文
Manual Japanese (PDF) EFP-RC取扱説明書および操作説明書
Software 最新のEFP-RCファームウェア、コントロールソフトウェア一式(Firmware,RC-Downloader,USB driver,8bit QzROM Blank Data)を格納
Support device list (PDF) 各デバイスリストを格納


Product CDデータ


EFP-RC Product CD最新版のダウンロード

ファイル名:           efp-rc_141003.zip
ファイルサイズ:         20.5MB

ファイル形式:          ZIP圧縮ファイル
EFP-RC F/Wバージョン:   Ver.4.03.13
ダウンロードS/Wバージョン: Ver.3.00.00


F/W バージョン4.03.13からの注意事項

4.03.11, 4.03.12バージョンをご使用のユーザー様は、必ずバージョンアップしてください。
 4.03.11バージョンに、下記の38DxグループVDD:3.3V使用時の対策で、一部の品種に対策がされていないことが分かりました。
 4.03.12バージョンで、8bit QzROMの書き込み時にプログラムエラーが発生することが分かりました。
  *EFP-RCのファームウェアのバージョンは、EFP-RCのメニュー表示状態で”←”キー入力で
   表示されます。


・MCUタイプ36 R8C/LX-SLPを追加
・QzROMの書込みルーチン変更
 38Dxグループへの書込みの際にVDDを3.3V以下にすると、書込み不良が発生する現象が見つかったため、書込みルーチンを変更しました。また、書込みルーチンの変更により書き込み速度が約2/3程度に短くなります。

【F/W バージョン3.05.07 4.03.07からの注意事項】

・MCUタイプの変更
 MCUタイプ05 R8C14-(1Line)をR8C/14-16(1Line)に変更
 MCUタイプ31 R8C/3x, LX(Type1)を追加
 MCUタイプ32 R8C/3x, LX(Type2)を追加
 MCUタイプ33 R8C/2x (Type1)を追加
 MCUタイプ34 R8C/2x (Type2)を追加
 MCUタイプ35 R8C/2x ,(Type3)を追加

【Yコマンド Type Error:1201発生不具合 改修対象バージョン】

以下のバージョンをご使用のユーザー様は、必ずバージョンアップしてください。

 EFP-RC F/W :
  ・Ver: 3.05.04以下のバージョン(本体シリアルNo xx00021 〜 No xx00085)
  ・Ver: 4.03.04以下のバージョン (本体シリアルNo xx00086 〜)

  
*EFP-RCのファームウェアのバージョンは、EFP-RCのメニュー表示状態で”←”キー入力で
   表示されます。


F/W バージョン3.05.01 4.03.01からの注意事項】

・MCUタイプの変更
  MCUタイプ26 7545〜9(Qz8Byte)を、7545〜7(Qz8byte)に変更しました。
  MCUタイプ30 7548〜9(Qz4byte)を追加しました。
・チェックサム足し込みコマンド(a)を追加しました。
・Mot(s)/HexファイルをHxwファイルに変換(4bitと高速モード用を除く)しました

F/W バージョン3.05.00 4.03.00からの注意事項】

・8bit QzROMのチェックサム算出方法が下記のように変更されていますので、ご注意ください。
 プロテクト番地を読み飛ばししていたのを“FFh"の足し込みに変更。
  7544〜9グループ
  385xグループ
  38Dxグループ

F/W バージョン3.05.00 4.03.00からの機能変更・追加】

・4bit 4500シリーズ QzROM シリアル入出力モードを高速化対応しました。
  書込み時間が約1/3程度に短かくなります。
・8bit QzROMシリアル入出力モードの8byte、4byteモード高速タイプ追加しました。

F/W バージョン3.04.07 4.02.07からの機能変更・追加】

・16bit R8C/Tiny 1線式でポーレート:460,800bps設定ができます。
  ただし、R8C/10-1Bグループ、R8C/24,/25グループ(16KB,32KB版)には対応して
  いませんのでご注意ください。(115,200bpsが上限となります。)
・PBT実行の生涯カウンター機能を追加しました。